新日本橋の歯医者|虫歯・歯周病・インプラントなどすべての方へ 東京都中央区日本橋本町2-6-13 山三ビル1F

メールでのお問合せはコチラ 03-3249-0174

口腔外科
Surgery

顎関節症について

顎関節症とは

顎(あご)は微妙に入り組んだ形と複雑な機能をもっています。ここには筋肉と関節と神経が集中し、下の顎を支えています。
食事をしたり、おしゃべりしたりすると連動して動いています。この顎の関節やその周囲が何かの原因で痛みや動きにくくなるのが顎関節症です。

顎関節症の原因

急激なストレス(精神的な緊張は、筋肉を緊張させます)
歯ギシリ
何かに熱中したり緊張して強くくいしばる
唇や頬の内側をかむ癖がある
頬杖・うつ伏せ寝・不良姿勢(例 : 猫背)
顔面打撲や事故による外傷
入れ歯や歯にかぶせたものが体にあっていない(悪い噛み合わせ)
大口を開けたり、硬いものを噛んだ(アゴの酷使)
うつ、不安因子がある 、睡眠障害(ストレスで夜よく眠れない)

顎関節症の治療法

噛み合わせを治すことが一番重要です。例えばスプリント(マウスピースのようなもの)を上あごあるいは下あごにいれ、上下の噛み合わせが均等に接するようにします。
そうすると顎の関節頭が正しい位置に戻り、筋肉の緊張がとれ、スムーズに動かすことができるようになります。さらに微調整をくり返し症状が取れた段階で必要があれば、入れ歯やクラウンと言うかぶせ物などを入れたりする事で、噛み合わせの関係を治したりします。
また重症の場合は手術による治療を行うこともあります。


電話でお問合わせ

メールでお問合わせ